元引きこもが外の居場所つくるために
*
ホーム > エリア > 変動

変動

「スプレッド」とは外為取引は二国間の通貨を売買して収益を上げる取引です。

トレードの値段は、変動しています。

 

それがレートです。

 

ラジオを聞いていると、外貨の情報が流れます。

 

よく見かけるのが、「現在のドルは80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

これは80円50銭から80円52銭の幅の中で売買されているという訳ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを言い表しています。

 

外為取引には買値と売値の2個の価格があるという事です。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表現しているFX業者も存在しています。

 

普通は売値が安い価格に設定されています。

 

あなたが買うときには高く、売るときには安くなるものです。

 

その差額をスプレッドといい、FX会社の利益の一部になっています。

 

スプレッドの差は会社によって変化します。

 

スプレッドの幅はみなさんにとって経費になるので、狭いFX業者をピックアップしたほうが得します。

 

ただ、同じFX取引会社でも場面によってスプレッド幅は大きくなったり小さくなったりします。

 

仮にいつもはドル円の通貨ペアで1銭のスプレッドの差でも市場の動きがとても激しい状況では広くなったりする場面があります。

 

という訳で、スプレッドが低いのと共に変化が小さい事が必要です。

 

今では固定でスプレッドの狭さを示す取引業者もあります。

 

実際に取引業者の売り買い画面で相場を見なければ見分けられないので面倒くさいですが必要不可欠な事です。

 

貴重なお金を使ってトレードするわけですから、本当の売り買いの前に興味があるFX業者の取引するための口座開設を積極的にして示されているスプレッドの幅を実感しましょう。

 

同じペアでも、その時点の変動率(ボラティリティ)によって、スプレッドの幅は変化します。

 

通常、銀行間取引市場で取引量の多い、流動性の高い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く残りの通貨ではスプレッド幅が大きくなる傾向にあります。