元引きこもが外の居場所つくるために
*
ホーム > ニュース > ドラマをうむ

ドラマをうむ

民事再生という選択肢はマンション等のローンを含めて複数の債務に陥っている方を対象に、住居を維持したままで金銭的にやり直すための法的な機関による処理方法として2000年11月に適用されるようになった解決方法です。

 

民事再生は、破産宣告と違って免責不許可事由がありませんので競馬などで借金した場合においても民事再生手続きは問題ないですし破産宣告をした場合は業務できなくなってしまうような業界で仕事をしている場合等でも民事再生は可能になります。

 

破産の場合は住んでいるマンションを残しておくわけにはいきませんし任意整理等では元金は戻していくことが必要ですので、マンション等のローンを含め完済するのは現実として簡単なことではないでしょう。

 

でも、民事再生という手続きを採用することができれば、住宅のローン以外の借金額は額を圧縮することが可能なため、余裕を持ちつつ住宅のローンを続けながらそれ以外の債務を払っていくことができるということになります。

 

いっぽうで、民事再生という手段は任意整理による処理特定調停といった手続きとは異なり特定の借り入れを省いて手続きを行うことは無理ですし破産のように債務そのものが消えてしまうのではありません。

 

別の解決手順と比較して若干煩雑で手間もかかりますので、住宅のためのローンを組んでおり住んでいるマンションを維持していきたい状況等以外の、破産宣告のようなそれ以外の選択肢がない場合だけの最終的な方法とみなした方がいいと思います。