元引きこもが外の居場所つくるために
*
ホーム > 思い出 > 1日中変化

1日中変化

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は二国間の通貨を取引して儲けを稼ぐ商取引です。

 

取引の値は1日中変化しています。

それが為替レートです。

 

インターネットを見ているとドル円やユーロ円の為替レートの情報が流れる場合があります。

 

よく見かけるのが、「現在の為替相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという意味ではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを表示しています。

 

つまり、取引には、買いと売りの2個の値が存在している事を表しています。

 

売値、買値ではなくビット、アスクと表している業者もあったりします。

 

いつもは売値が安価になっています。

 

現実に買うときには高く、売るときには安くなるものです。

 

その差をスプレッドといい、FX業者の儲けのひとつとされています。

 

スプレッドの差はFX会社によって異なります。

 

スプレッド幅は投資家にとって負担になるので小さい取引会社をセレクトするほうが得です。

 

ただ、同じ業者でも場合によってスプレッドの差は拡大したり、縮小したりします。

 

仮に通常は円とドルのペアでたった1銭のスプレッドの差だったとしても、市場の上下動が激しいときには1銭よりも大きくなる事があります。

 

ですから、スプレッドが狭いのと安定しているのが必要です。

 

現在では固定したスプレッドを示す業者もいろいろ存在しています。

 

実際にFX業者の売り買い画面上で本当の市場を見なければ見分けられないので面倒ですが大切な事です。

 

重要な資金を投資して売り買いをするわけですから、本当の売り買いの前に気になるFX業者の取引するための口座開設を全てして、提示されているスプレッドをチェックしましょう。

 

同じ通貨のペアでもその場面での為替相場の条件によって、スプレッドの幅は変わることがあります。

 

いつもは銀行間取引市場で取引量の多い外貨ではスプレッドの広さが狭く、この他の通貨ペアではスプレッドの幅が拡大する事があります。